IDPN STAFF BLOG

NPO法人 和泉防災ネットワーク スタッフブログ
9/11(日)和泉市コミュニティーセンター(多目的ほーつ)で、こどもNPOセンター いずみっ子のみなさんと防災について体験型学習を実施しました。

まず、最初のあいさつで、地震から身を守る「だんごむしポーズ」をみんなでやってみました。
ただ頭をもお待って丸まるだけのことなんですが、意外と盛り上がりました!


ポイントは、体の内側(特に首や手首の内側など、太い血管が通っているところ)を守ること

 

参考ページ(子育て応援サイトMARCH)
http://maternity-march.jp/saigai-kodomo36956/

 

その後、4つの班に分かれて約15分程度で順番に体験しました。
1.ジャッキアップで救出
地震直後の救助で、重いタンスなどの転倒物を持ち上げ、下敷きになって しまった人を助けることができる有効な道具、「ジャッキ」の使い方を体験。

実際にジャッキを使って、下敷きになった人形を救出してもらいました。
2.担架で救出
身の回りにある毛布や衣服を利用して応急的に担架をつくり、けが人を搬送する方法を体験。

実際には人間は載せずにぬいぐるみを搬送してもらいました。

 

3.119番のかけ方

 

公衆電話や携帯電話による119番通報が体験。
通報の時は落ち着いて、火災やケガなどの状況を詳しく伝えることが大切です。

実際に電話をかけることはできませんので、スタッフに台本を渡して、やり取りをしてもらいました。
4.避難所体験
避難所での一人当たりの面積は、2屐幣1畳分)と言われています。
実際にそのスペースを体験してもらいました。
また、避難所で一番の問題でもあるトイレについても、携帯トイレを組み立てて座ってもらうなどの体験をしてもらいました。
続きを読む >>


2016/09/30 (金) 22:53 | 活動報告
- | -
平成27年度NPO法人和泉防災ネットワーク勉強会&交流会
「防災カフェ」災害時のセーフティーネットワーク
平成28年 3月6日(日) 13時30分〜16時
コミュニティカフェ“オアシス”(和泉中央のアムゼモール2階)

参加者はスタッフ含めて総勢38名
日曜日の午後、今にも雨が降り出しそうなお天気の中、たくさんのご参加、本当にありがとうございましたありがとうありがとう


日々障がい者支援に奮闘されている山口達雄さんをゲストにお迎えして、和泉市の障がい者を取り巻く現状と、災害時の支援体制への取り組みについてお話しをお聴きしました。
  

障がい者支援の三要素である「当事者グループ(市障連)」と「支援者グループ(障サ連)」の両方に関わっていらっしゃる山口さんならではの正直な意見や切実なお願いに対して、参加者のみなさんも、自分の抱えている問題や、疑問など、たくさん意見を出してくれました。
スタッフ一同、とても有意義な時間を共有することができたと喜んでいます。

すぐに答えが出るような内容ではありません。
なかなか思うように進まないこと、難しいこと、課題は山積みですが、諦めてしまったら、何も変わりません。
ぜひ、今後も引き続き勉強会を続けていきたいと考えています。

コーヒー後半のティータイムでも、話は尽きませんでした。
 今年のお菓子は、

クッキー ショップともにさんのラスク と ここの家さんのクッキー を購入させていただきました。

  

 
続きを読む >>


2016/03/09 (水) 00:36 | 活動報告
- | -
2月26日(金)泉大津市社協主催
「防災ゲーム(DIG)で災害時の対応を学ぼう」
当日の内容を簡単にご紹介します。
詳細を知りたい方は、事務局までお問い合わせください。
 

 

災害図上訓練DIGとは、
Disaster(災害) Imagination(想像力) Game(ゲーム)の頭文字
DIGという単語は「掘る」という意味を持つ英語の動詞 → 探求する、理解するという主でも使用されます。
DIGは「災害を理解する」「まちを探求する」「防災意識を掘り起こす」という意味を込めてネーミングされました。
*1997年(平成9年)に、当時防衛研究所主任研究官だった小村隆史さん や、三重県消防防災課の平野昌さんらによって共同開発

地図にみんなで書き込みを加えながら、ワイワイと楽しく議論をする、ゲーム感覚の訓練ですが、実は災害時の対応を考えることができるというすぐれものです。

<<ゲームの目的>>
1.防災は、災害(被害想定)がわからなければ対応策が考えられない。またその想定を超えることは大いにあるので、ハザードマップ、地形図、防災拠点などを確認して、災害対応をイメージする訓練が必要です。

2.参加者同士の連帯感を高め、防災に役立つ人材の掘り起こしや地域の再発見・再確認など、地域の防災対策(要援護者の避難誘導、安否確認)などにも効果を発揮します。

<<ゲームの概略>>

1.まちを知る(地図を作成します)
大きな白地図に海、川、池、湖、道路、鉄道、避難所、消防署、警察、公共施設、病院など、災害時に役に立ちそうな場所や逆に危険と思われる場所に、マジックやシールを使って書き込みます。
(効果)
まちの特徴と、まちの強み、まちの弱みを確認

2.災害を想定する(被害を想像します)
今回は、(2/26 19:50 自宅 南海トラフ 巨大地震M9.1 震度6弱 長周期振動波、家族は全員無事、インフラ停止(停電)、大津波警報発令)という条件で想定される被害を、「泉大津市総合防災マップ(保存版2014)を参考に想像してもらいました。
(効果)
自宅や、その周りはどんな被害を受けるのか、避難するときにどんな危険があるのかを想像

3.災害時のけ対応を考える
想像した被害を軽減させるために、今、どのような対策をすれば良いかを考えます。
(自助)個人、わが家でできること
(共助)職場、地域の人と協力
(公助)行政と連携してできること

<< まとめ >>
DIGは正解のない、答えのないゲーム(訓練)です。
しかし、人は、やったことのない事、考えたことのない事に対して、直ぐには対応できません。
被害を想定し、災害をイメージして、過去の災害や体験者の知恵を学びましょう。
 
続きを読む >>


2016/02/28 (日) 12:44 | 活動報告
- | -
2月7日(日)鶴山台北校区自主防災・減災会主催
「避難所運営ゲーム(HUG)」
当日の内容を簡単にご紹介します。
詳細を知りたい方は、事務局までお問い合わせください。
 

 

避難所運営ゲームとは
hinanzyo(避難所)unei(運営)game(ゲーム)の頭文字
HUGは英語で「抱きしめる」という意味から「やさしく受け入れる」という意味を込めてネーミングされました。
*平成19年に静岡県が開発した防災ゲームで、授産所製品として、「みんなのお店・わ」が製造、販売しています。

避難者の年齢、性別、国籍や、それぞれが抱える事情が書かれたカードを、避難所に見立てた平面図にどれだけ適切に配置できるか、また避難所で起こる様々な出来事にどう対応していくかを模擬体験するゲームです。

<<ゲームの目的>>
災害時要支援者への対応
必要なスペースの確保
いろいろな出来事への対応

<<ゲームの概略>>
避難者カードを避難所の見取り図上に配置する
イベントカードの対応を検討する
 
 

(被害想定)
震度6強(マグニチュード8)の大地震が発生しました!
2/7(日)午前11時
気温は7度、雨がパラパラ降り出してきました。
午後からはもっと雨も風も強くなりそうです。
ライフラインは、停電(復旧見込み2〜3日)ガスは遮断(復旧見込み不明)水道(復旧見込み不明)・下水道(不明)電話(時々通じる)メール(遅れて届く)

(3時間後の現状)
体育館には、既に避難してきた30名くらいの人が思い思いの場所を陣取っています
百数十人入ればいっぱいになりそうな広さです
校庭には100人くらいの避難者が集まってきていて、後から続々と人が来ています
高齢者、乳幼児、妊婦、外国人、車椅子の利用者の姿も見えます
車で避難してきている人も多いです。

(条件)
・耐震化してあるため校舎、体育館に大きな被害はなく、応急危険度判定の結果利用できる。
・日曜日だが、一部の教員、事務職員が登校しているため、校舎と体育館の鍵は開いている。
・校長先生や市の職員とは、まだ連絡が取れません。
・地元自治会、自主防災会の役員で、避難者を体育館や教室に振り分け、避難所を適切に運営していかなければならない立場にある。

<<参考資料>>
集団生活では、いかに早く本部作るか、そしてリーダーや役割分担を決め、避難者名簿の管理や避難所生活のルールを作ることが必要です。
 

続きを読む >>


2016/02/28 (日) 10:03 | 活動報告
- | -
11月14日(土)9時30分〜11時30分開催
国府小学校 ふれあい教室 参加者17名(3年生を中心に1年生〜6年生)

前半は防災の紙芝居をして、その後、内容をより理解してもらうために
「こんなときは、どうしたらいいのかな?」と題して、クイズ形式で、避難することを学んでももらいました。
 
使用した紙芝居
「はるかぜちゃんといこう」NPO法人かすみん(春日井市)作成の紙芝居
内容:一人でいるときに大きな地震が起こったどうすれば良いのか?机の下にかくれるところから、家族と約束した避難場所まで
さまざまな困難を乗り越えて、みんなで助け合って学校までたどり着くための物語です。

※ 紙芝居は、プロジェクターを使用しました。

後半のスタートは、各テーブルに非常持ち出し品の袋を渡して実際に開けて、何をするものなのか、みんなで話し合ったり、スタッフに聞いてもらったり交流の時間を持ちました。

その後「なにがあったら 助かる(たすかる)かな?」と題して、クイズ形式で非常時持ち出し品について学んでもらいました。

最後は、各自、自宅から持ってきた非常持ち出し品を出してもらって
みんなに説明をしてもらいました。
びっくり 活動報告はこちら(pdfファイル) きらきら

2時間という長時間で、後半は席を立って走り回る子や、笛を鳴らしてはしゃぐ子もいて、正直どうなることかと思いましたが、私たちも楽しい時間を過ごすことができました。

当日は、毎日新聞さんが取材に来てくれて、翌日の新聞に掲載してもらいました。
11/15(日曜日)朝刊 大阪版
 


2015/11/16 (月) 02:43 | 活動報告
- | -
| 1/4PAGES | >>