IDPN STAFF BLOG

NPO法人 和泉防災ネットワーク スタッフブログ

災害時、実際に避難所となる体育館などを利用して、一晩「防災グッズ」だけで過ごしてみることで、電気やガスが使えない環境や、大勢の人と一緒に過ごすことを体験してみることで、何を用意しておけば良いかを考えてみることができます。

 

(例)一泊二食 13時〜翌日12時30分

   (個人で準備するものは防災グッズと寝袋)

 

【当日正午】
宣伝カーで巡回(避難所体験開催の告知)


【当日午後12時30分】
受付(避難カードに記入、受付担当者は名簿作成)
避難所の中を区割りして、それぞれの場所を確認してもらう。
(参加状況によって、町会ごとにするのか、予めグループ分けしておく)


【当日午後1時30分】
2日間の流れや避難所生活のルールを説明
(文字情報として掲示したり、プロジェクタを使用すると更に良い)
(トイレの使用、携帯電話の使用について、喫煙について、私物や靴の管理など)

災害用伝言ダイヤルの説明
(体験期間であれば実際に行ってもらう)


【当日午後2時】
自己紹介とリーダーの選出、及び食事担当を決める
(簡単なアイスブレイクを取り入れてリラックスしてもらう)
防災グッズのワークショップ
(予め、各自、自分で用意した防災グッズを持参してもらい、みんなに披露しあう)


【当日午後3時】
備蓄倉庫の点検、マンホールトイレや給水タンクの組み立てなど


【当日午後5時】
救援物資到着、非常食の配給(アルファ米と味噌汁の場合)
スタッフが救援物資として持ち込む
食事当番が手分けして作業
残りの人は段ボールで机を作る
出来上がったらリーダーが中心となってグループの人数分を確保
みんなで後片付け


【当日午後8時】
防災啓発のビデオや防災関連の紙芝居など


【当日午後9時30分】
就寝準備


【当日午後10時】
消灯


【翌日午前6時】
起床、寝床の整理


【翌日午前6時30分】
ラジオ体操.


【翌日午前7時】
朝食の準備(パンの缶詰とスープ)


【翌日午前9時】
救命講習(心臓マッサージ、AEDの使い方、応急手当方法)
講師が用意できない場合は、簡単な応急手当やロープワーク、タンカ作りなど


【翌日正午】
グループ毎に感想を話し合う
アンケート


【翌日午後12時30分】
解散

 

====================================================
参加者にに子どもが多い場合は、子ども用のプログラム(防災カルタやすごろくなど)を追加したり、翌日の救命講習の変わりに避難所マップづくりに差し替えるなど、参加者や協力者、予算等に合わせてカスタマイズすることができます。


初めは無理をせずに、日帰りで企画したり、場所も体育館ではなく、最寄りの会館や自治会間などでできる範囲でやってみることも必要です。

====================================================



2017/10/01 (日) 21:22 | 防災お役立ち情報
- | -
NICT(国立研究開発法人情報通信研究機構)では、被災地支援としていくつかのアプリを無料で配信しています。
その中から一部ご紹介いたします。

VoiceTra(ボイストラ) - 多言語音声翻訳アプリ
被災地にいらっしゃる外国人の方との間のコミュニケーション手段として、多言語音声翻訳アプリ“VoiceTra”(ボイストラ)の翻訳機能が無料でご利用可能です。
http://voicetra.nict.go.jp/

聴障者とのコミュニケーション支援アプリ「こえとら」
聴障者の方々とのスムーズなコミュニケーションを支援するスマートフォンアプリです。事前にインストールしておけば、インターネット環境がないところでも利用可能であり、耳の不自由な被災者の方とのコミュニケーション手段として無料でご利用可能です。
http://www.koetra.jp/

窓口での対応などで便利な聴障者とのコミュニケーション支援アプリ「SpeechCanvas」
聴障者と健聴者との会話を、NICTの音声認識技術を使って強力にサポートする、無料のタブレット端末用アプリです。話した言葉が次々と画面上で文字になり、画面を指でなぞれば絵や字がかけます。事前にインストールしておけば、インターネット環境がないところでも利用可能。
http://speechcanvas.nict.go.jp/


2016/05/31 (火) 22:18 | 防災お役立ち情報
- | -

NHK Eテレ ハートネットTV
毎週(月〜木)PM8:00〜8:29
再放送翌週(月〜木)PM1.05〜1:34

特集!誰もが助かるために
3/5(土)PM10:00〜
◎ハートネットTV+ 誰も取り残さない防災

 

★シリーズ東日本大震災から5年
http://www.nhk.or.jp/hearttv-blog/2300/238501.html

3/1(火)第1回 当たり前の暮らしを求めて ―障害者たちの“震災復興”―
3/2(水)第2回 悲しみとよろこびと―仙台・認知症グループホーム―
3/3(木)第3回 帰還、されど…―福島・障害者福祉は今―

★シリーズ誰もが助かるために(アンコール放送)
http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/series/bousai.html

3/8(火)第1回 避難 そのとき
3/9(水)第2回 避難所生活を支える
3/10(木)第3回 “生活不活発病”を防げ

ポイントブログ 被災地の福祉は今 も、併せてごらんください。



2016/02/27 (土) 13:22 | 防災お役立ち情報
- | -

防災情報は、一か所登録すれば大丈夫というわけではありません。
いざという時、もしかしたらメール配信システムにも異常が起きるかもしれません。
最低でも、自分の住んでいる地域のメールには、ぜひ登録しておきましょう。

 

基本的に、和泉市が避難勧告等の緊急かつ重要な情報と判断した場合、和泉市が携帯会社に送った内容を、携帯会社が緊急速報メール(エリアメール)として携帯電話の加入者(スマホを含む)に、一斉にメールを配信することになっています。(あまり機種が古いと受け取れないかもしれません)
http://www.city.osaka-izumi.lg.jp/kakukano/kousitu/kikikanri/osirase/bousai/1331869742267.html
(災害協定)
NTTドコモ、ソフトバンクモバイル、KDDI
 

その後、ほぼ同時に(若干タイムラグはありますが)和泉市より同じ内容が配信されます。

★「いずみメール」
防災・防犯情報に登録していなければ届きません!
http://www.city.osaka-izumi.lg.jp/kakukano/kousitu/apiruka/gyoumu/izumi_mail/izumimail.html

 

★おおさか防災ネット
気象・地震・津波情報、災害時の避難勧告・指示などの防災情報について、メールで配信します。(大阪府内の地域別に登録できます)


 

★yahoo! 防災速報
http://emg.yahoo.co.jp/
緊急地震速報や豪雨予報、避難情報などをいち早くお知らせ。
自宅、実家、勤務先など、国内最大3地点と、位置情報を利用した現在地へ通知するのでどこにいても安心。



2016/01/31 (日) 23:21 | 防災お役立ち情報
- | -

ここに本文を記入してください。
東日本大震災の教訓を踏まえて、災害対策の強化を図ることを目的に災害対策基本法が改正され、円滑かつ安全な避難を確保するため、市町村に要介護者や障がいのある人などで災害時に自力での避難が困難な人(避難行動要支援者)の名簿作成が義務付けられました。
詳細は、和泉市のホームページや「広報いずみ」をごらんください。
http://www.city.osaka-izumi.lg.jp/kakukano/ikigaibu/fukusisomu/osirase/1433132166954.html


地域や当事者団体などで説明会もありますが、よくわからない、という方は、いつでも当団体でもお手伝いさせていただきます。
 拡大する
このチラシは、8/1の夏祭り用に作成したチラシです。
必要な方は、コミュニティカフェオアシスに置いてありますので、ご自由にお持ち帰りください。
 



2015/07/20 (月) 06:27 | 防災お役立ち情報
- | -
| 1/2PAGES | >>