IDPN STAFF BLOG

NPO法人 和泉防災ネットワーク スタッフブログ
以前から「防災と言わない防災」という言葉があります。
私はこの言葉を「いつの間に防災」と言い換えていたこともありますが
それは、「結果防災」という言葉があったからです。

要するに、「防災」と声高々に言うよりも、結果防災につながれば、また、それが日々の生活に役立つとか、楽しいことにつながることであれば、尚更良いと思います。

この「土手の花見」は、そんな結果防災の事例の中では有名な逸話で、私が防災を学び始めたころにお聞きした話です。
【参考文献】
 矢守克也「生活防災のすすめ 防災心理学研究ノート」ナカニシヤ出版

みなさんは、なぜ桜の木が土手に数多く植えられているのかご存知でしょうか?

山の土砂崩れを防止するために植林するのと同じように、川の土手が崩れるのを防止するために木を植えた、その木が「たまたま」春に綺麗な花を咲かせる桜の木だったとも言えるのですが、実は桜の木にしたのには重要な狙いがあったのです。

冬の川の土手は、霜や氷によって傷んでしまいます。そして、春が過ぎ、梅雨の頃には、傷んだ川の土手を増水した川の水が直撃し、土手を決壊させることになります。
それで、人を集めて梅雨の時期に入る前に土手をしっかりと固めようと考え、お役所より、以下のようなおふれを出したところ、全然人が集まりませんでした。

「この町に住むもの全員は、○月○日に土手に集まりなさい。
水害対策の為に全員で土手を踏み固めます。」

なぜ集まらなかったのか...
「自分ひとりくらい、うちの家族くらいは行かなくても大丈夫だろう」と、町中の人が思ってしまったからでした。

そこで、ある知恵のある人が「真正面から災害対策を語るからダメなんだ」と言って
今度は次のようなおふれを出しました。

「○月○日に土手で花見大会を行います。
下手や上手にかかわらず歌って踊れるものには褒美
お酒またはお菓子を振る舞うこととする。
家族から何人出ても良し」

結果...
町中の人が土手に溢れかえるほど集まり、花見大会の見物客も、ゴザやむしろを広げてワイワイガヤガヤ、歌えや踊れの大騒ぎ。一日中、町中の人たちが土手を踏みしめてくれました。


つまり、花見客は、単に花見を楽しんでいるだけなのに、実は、土手の決壊防止に貢献しているということなのです。更に、多くの人々が集まれば、危険な個所や補修を必要とする箇所を発見する機会が増えることも計算に入れられているということです。
もちろん、ご近所付き合いという顔の見える関係づくりにもなります。

この話のもう一つのポイントは、花見という誰しも心浮きたつ楽しいイベントであるということです。災害大国と言われている日本で、24時間365日警戒態勢でいることは非常に難しく、長続きしません。いかにして災害と(自然と)共生していくかということを考えることが大切です。

また、いつやってくるかわからない災害に対応する為には、一過性のものではなく、花見客が毎年毎年、土手を固めているといった「何世代にもわたって反復される」、継続的な備えが必要であるということを教えてくれているということです。

こんなお話を知ってしまうと、土手でお花見をしながら騒いでいる人を見ても、あまり眉を顰めずに「あぁ、あの人は実は知らずに防災をしているんだな」と、ちょっとだけ優しい目で大目に見てあげたくなるかもしれませんね。
 


2015/04/01 (水) 21:04 | 防災お役立ち情報
- | -

以前、「イザ!カエルキャラバン」のお話の時にご紹介したNPO法人プラス・アーツが運営する「地震イツモプロジェクト」というサイトがあります。

プロジェクトが編集した本に「地震イツモノート」という本があります。
テーマは、防災は「モシモ」のためではなく「イツモ」のなかにある

例えば、震災に直面した時、「防災袋やヘルメットよりも、隣人との毎日のあいさつが一番の防災になる」「手ぬぐいの使い方を知っていることの方が、防災グッズよりずっと役に立つ」というように、阪神・淡路大震災の被災者の声をあつめた本です。

この他に、「地震イツモキット」といって、防災グッズをはじめ、災害時の連絡、応急手当、避難など家族の防災を考えるうえで参考になるツールが用意されています。

その中の、非常食の備蓄の考え方の中に、「ローリングストック法」という備蓄法が紹介されています。(NHKの備える防災コラムで紹介)

この方法は、3年、5年といった長期保存が効く缶詰や乾パンに代表される非常食を、その期間まで食べずに置いておくという考え方ではなく、日常的に非常食を食べて、食べたら買い足すという行為を繰り返し、常に家庭に新しい非常食が備蓄されているという、まさにその名の通り「食べ回しながら備蓄する」という方法です。

★この方法を実践することで

・「非常食」が日常化する

・月に1、2回定期的に「非常食」を食べることになるので、普段から食べているものが災害時の食卓に並ぶことになる。

・普段食べ慣れない長期保存が効く非常食よりも多くの人が安心して食事を採ることができる。

・長期保存の非常食では選べなかった非常食をたくさんのラインナップから選ぶことができるのです。

・「非常食」の消費期限の目安は1年でよくなるので、各種レトルト食品、フリーズドライ食品、など多彩なレパートリーから選ぶことができる

・各家庭の各個人の好みに合わせた非常食の選択が可能になる。

結果として、被災した時に、その状況をいつもと一緒(とまではいかないにしても)、特別なことではないと捉えることができ、精神的な負担をいくらか取り除くことが可能となります。


今後は、この「ローリングストック法」の啓発事業として、日頃から家庭に備蓄されていそうな缶詰、乾物、乾麺などと非常食を組み合わせた料理を、家庭用卓上コンロやキャンプ用品等できるだけ災害時を想定した環境で紹介していきます。

第一弾として、今回防災イベントのご依頼いただいた和泉支援学校(10/19(土)午後1時〜3時)で、実践してきます。

関心のある方は事務局までお問い合わせください。



2013/09/29 (日) 18:54 | 防災お役立ち情報
- | -

8月30日午前0より時気象庁が発表する「特別警報」の運用が開始されました。

「特別警報」は警報の基準をはるかに超えるような大雨などで大規模な災害の危険性が非常に高い場合に最大級の警戒を呼びかけるため、気象庁が導入する新たな警報です。

この夏は特別警報に相当する記録的な大雨が、先月28日に山口県と島根県で、今月9日に秋田県と岩手県で、今月24日に島根県で降りましたが、いずれも土砂崩れや浸水など災害が発生しているさなかに特別警報が発表されるケースでした。

東日本大震災における津波や、最近の台風による大雨の際、気象庁は警報など防災情報により重大な災害への警戒を呼びかけたものの、市町村長による的確な避難勧告・指示の発令や、住民の迅速な避難行動に必ずしも結びつきませんでした。

このことから住民に対して重大な災害の危険性を正しく伝達するために「特別警報」を新たに設け、発令後は、市町村に対し、住民へ注意を促すことが義務化されることになりました。

表基準や発表された時にとる行動など詳しくは
気象庁 特別警報について
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/tokubetsu-keiho/

イラストや図表でもう少しわかりやすくという方には
政府広報オンライン お役立ち情報
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201307/4.html

文字を読むのは面倒くさいというか方は動画でご覧ください。
政府インターネットテレビ(10分程度)
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg8294.html



2013/08/30 (金) 20:25 | 防災お役立ち情報
- | -
<< | 2/2PAGES |