IDPN STAFF BLOG

NPO法人 和泉防災ネットワーク スタッフブログ
9/11(日)和泉市コミュニティーセンター(多目的ほーつ)で、こどもNPOセンター いずみっ子のみなさんと防災について体験型学習を実施しました。

まず、最初のあいさつで、地震から身を守る「だんごむしポーズ」をみんなでやってみました。
ただ頭をもお待って丸まるだけのことなんですが、意外と盛り上がりました!


ポイントは、体の内側(特に首や手首の内側など、太い血管が通っているところ)を守ること

 

参考ページ(子育て応援サイトMARCH)
http://maternity-march.jp/saigai-kodomo36956/

 

その後、4つの班に分かれて約15分程度で順番に体験しました。
1.ジャッキアップで救出
地震直後の救助で、重いタンスなどの転倒物を持ち上げ、下敷きになって しまった人を助けることができる有効な道具、「ジャッキ」の使い方を体験。

実際にジャッキを使って、下敷きになった人形を救出してもらいました。
2.担架で救出
身の回りにある毛布や衣服を利用して応急的に担架をつくり、けが人を搬送する方法を体験。

実際には人間は載せずにぬいぐるみを搬送してもらいました。

 

3.119番のかけ方

 

公衆電話や携帯電話による119番通報が体験。
通報の時は落ち着いて、火災やケガなどの状況を詳しく伝えることが大切です。

実際に電話をかけることはできませんので、スタッフに台本を渡して、やり取りをしてもらいました。
4.避難所体験
避難所での一人当たりの面積は、2屐幣1畳分)と言われています。
実際にそのスペースを体験してもらいました。
また、避難所で一番の問題でもあるトイレについても、携帯トイレを組み立てて座ってもらうなどの体験をしてもらいました。
続きを読む >>


2016/09/30 (金) 22:53 | 活動報告
- | -
全社協 被災地支援・災害ボランティア情報より
http://saigaivc.com
熊本地震 これからの支援について
熊本地震の発災から1ヶ月が経ちました。
現在は多くの住民が避難されていますが、被災者宅の応急危険度判定や、道路等のライフラインの復旧などにより、今後正式に住居の修理や確保の時期に移っていきます。
 
今後の展開として、公営住宅や民間のアパートへの引っ越し、6月以降は、仮設住宅・みなし仮設住宅への入居などにより、少しずつ被災者が日常生活を回復していくことが予想されます。それぞれの段階で引き続き、ボランティアによる支援が必要になります。
今だからこそ必要な活動、これから必要になる活動など、ボランティア活動を希望される方、民間団体の方へのメッセージを、以下に掲載しています。
また、5/30の報告ページには、各災害ボランティアセンターの現在の状況が簡単にまとめてあります。 こちら
引き続き、ボランティア活動をお考えの方は、以下のサイトより最新情報を取得してください。

◆全社協 被災地支援・災害V情報
◆JVOAD 全国災害ボランティア支援団体ネットワーク準備会
◆「熊本地震特設サイト」

ハート「ボラサポ・九州」受付スタート!
中央共同募金会では「平成28年熊本地震」において、被災者支援を行うNPO・ボランティアグループなどの活動に役立てていただくための支援金募集を行っています。


2016/06/01 (水) 00:00 | 災害情報
- | -
NICT(国立研究開発法人情報通信研究機構)では、被災地支援としていくつかのアプリを無料で配信しています。
その中から一部ご紹介いたします。

VoiceTra(ボイストラ) - 多言語音声翻訳アプリ
被災地にいらっしゃる外国人の方との間のコミュニケーション手段として、多言語音声翻訳アプリ“VoiceTra”(ボイストラ)の翻訳機能が無料でご利用可能です。
http://voicetra.nict.go.jp/

聴障者とのコミュニケーション支援アプリ「こえとら」
聴障者の方々とのスムーズなコミュニケーションを支援するスマートフォンアプリです。事前にインストールしておけば、インターネット環境がないところでも利用可能であり、耳の不自由な被災者の方とのコミュニケーション手段として無料でご利用可能です。
http://www.koetra.jp/

窓口での対応などで便利な聴障者とのコミュニケーション支援アプリ「SpeechCanvas」
聴障者と健聴者との会話を、NICTの音声認識技術を使って強力にサポートする、無料のタブレット端末用アプリです。話した言葉が次々と画面上で文字になり、画面を指でなぞれば絵や字がかけます。事前にインストールしておけば、インターネット環境がないところでも利用可能。
http://speechcanvas.nict.go.jp/


2016/05/31 (火) 22:18 | 防災お役立ち情報
- | -

まもなく熊本地震発生から1か月を迎えます。大型連休が明けて、一次的にボランティアの数が減ってきて、被災者を取り巻く環境も変化してきています。
学校や仕事に通いながらやっと片付けができるようになった人、仮設住宅に移る人、先の目途が立たない人、どんどん差は広がっていきます。
 

今後も中長期的にボランティア活動やボランティア活動支援が行われることが現地では必要と思われていますが、ボランティアの活動場所や活動内容なども変化してきています。
これからは食中毒や熱中症にも気を付けなくてはなりません。
 

今一度、災害ボランティアの心構えなどを確認し、最新情報を取得してからお出かけください。 

★最新災害ボランティア情報
http://shienp.net/
 



2016/05/12 (木) 19:33 | 災害情報
- | -

今回は、特に障がい者や高齢者への対応が遅く(理解が得にくい)平時からのさまざまな問題も浮き彫りになってきています。

誰も取り残さない(最後のひとつの命まで...)
私たちにできることは無いか、これからも障がい者支援の今に目を向けていきたいと思います。

★被災地障害者センターくまもと
JDF熊本支援センター
https://www.facebook.com/hisaitikumamoto/

熊本で被災された障害者(身体、知的、精神など)のSOSを受け付けています。
熊本県身体障がい者福祉団体連合会をはじめとする県下の障がい者団体・福祉団体により支援センターを開設しました。
 

★認定NPO法人 ゆめ風基金のブログ
http://yumekaze21.blog39.fc2.com/blog-category-37.html

何度か現地訪問をされている八幡理事からの報告がや現地の声が掲載されています。
 

★みなみ阿蘇福祉救援ボランティアネットワーク
https://www.facebook.com/minamiasofukushi/

南阿蘇村周辺9つの福祉事業所に介護・看護ボランティアの募集!
被災地域で暮らす高齢者のみなさんのくらしをゆるやかに支えたい。
その思いを持ちながら、職員の被災や疲労、福祉避難所の開設などにより、運営のお手伝いを希望される現場に専門職ボランティアを送り出しています。



2016/05/12 (木) 00:54 | 災害情報
- | -
<< | 3/25PAGES | >>